EOS M3でバルブ撮影


Canon EOS M3 にはレリーズを接続することができないので、カメラに触れないでシャッターを切るにはリモートコントローラーを使う方法があるようです。

しかし、EOS M3 リモコン受信部はカメラの前面にあるので花火など撮るときは向きが悪そうです。

スマートフォン用のアプリ「EOS Remote」を使うとリモートレリーズができるので試してみると、Wi-Fiなのでカメラの後ろからでもシャッターが切れてバルブ撮影も可能なようだ。

そして、新アプリケーション「Camera Connect」がリリースされ、同じように使えるようです。

バルブ撮影をする場合はカメラのモードダイヤルを【M】に変えて、シャッタースピードをBULBに変えてから画像再生画面に変えて、Wi-Fi接続を行い、「Camera Connect」を使って撮影。
接続中は途中でカメラ側の設定を変更できないので、設定を済ませてからアプリを使わないとダメですね。